2013年6月アーカイブ

不倫を終わらせる決意

| コメント(0)
不倫をしているせっかくあなたが別れを決断しても、その決断によってあなたが彼の「手に入りそうで手に入らない距離」となり、彼が戻ってきてくれ」とすがるために別れられない、ということがあります。

あなたが断固たる意志を持って離れない限り、ふたりの関係は泥沼化するでしょう。

彼は奥さんと別れるつもりはないくせに、あなたに執着し、都合のいいこの関係を維持したいと思ってしまうのです。

このような泥沼から抜け出し、彼に離婚を決意させたいならば、彼のなかに強い恋愛回路を作る必要があります。

もし、彼が奥さんに居心地の悪さを感じていたり、衝動的に決断を下すタイプの男の場合、あなたとの未来を選ぶ可能性はあるでしょう。

ただし、彼を独り占めできたとしても、また同じことが起こってあなたが捨てられる、という危険性もあることを覚えておいてください。

また、離婚にともなうさまざまな手続きの中で、まわりに祝福されず、お互いにストレスがたまつて喧嘩ばかりするようになる。

そのうえ、慰謝料や養育費などの借金を抱え、あなたの気持ちや彼の気持ちが冷める......といった可能性もあります。

あなたが20代後半以降なら、「今」だけの恋愛でなく、将来を見据えた恋愛を考えることをすすめます。

不倫は依存症になりやすい

| コメント(0)
不倫は「今」を楽しむ恋愛の形。ただし「彼を独り占めしたい」「もっと一緒にいたい」と思い始めたり、ふたりの未来を考えると、あなたはどんどん苦しくなるはずです。

結婚は、社会が作った強烈なパワーを持つシステム。

結婚を決めるのも解消するのも、とても大きなエネルギーが必要になります。

不倫をしている男は、よく「妻とは現在、離婚調停中」とか「妻はただの同居人」とか「別れるのにも時間がかかる」「子どものためだけに別れられない」などのセリフを言います。

でも、こんな言葉を信じてはダメ。

あなたが期待するたびに裏切られて苦しむでしょう。

信じられるのは、彼の言葉ではなく行動のみ。

「週末は連絡をしてこない」「デートに出かけない」「デートに出かけても手をつながない」「彼のケータイに私の名前が登録されていない」など、「あなたが一番ではない」というサインをいくつも出しているはずです。

不倫関係を解消したいなら、連絡を取らなければいいだけ、会わなければいいだけの話です。

分かっていてもそうできない理由は、依存症になりやるいからです。

不倫は常に相手が「手に入りそうで手に入らない距離」にいるため、彼への執着が高まって、依存症のような状態になりやすいのです。

「治療」するには、アルコールや薬物依存症の人々がするように、物理的に彼に会えない環境を作るしかありません。

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja