2016年11月アーカイブ

新郎新婦の心得 その2

 ◆料理には箸をつける

新婦は緊張ととくに衣装のきゅうくつさから、料理に手をつけにくいかも知れませんが、参列者が箸をつけやすくするためにも、前菜、デザートくらいは食べるようにしましょう。
 
また、空腹が心配なら、お色直しに美容室へ戻ったときサンドイッチ、おすしなどをつまんでおきます。
 
これは会場のほうでは特別用意してくれませんから、自宅から持っていくなりあらかじめ会場に頼むかします。
 
 
◆必要以上にべ夕べ夕しない
新郎新婦が、参列者の前で必要以上に親しげにするのは考えものです。
 
たとえばメインテーブルでヒソヒソ耳打ちをしたり、関係のないときにクスクス笑ったりするのは参列者に対して失礼でしよう。
 
また、みんなの前でのキスは、強くいわれたのでやむなくという形が望ましいでしょう。
 
 
◆気分が悪くなったら早目に告げる
新婦は、当日までのさまざまな準備で疲れている上に、重いかつらやきゅうくつな衣装、それに空腹も加わって気分の悪くなることがあります。
 
そんなときは、遠慮せずに横に座っている媒酌人夫人に告げましょう。
 
さりげなく控え室に戻り、かつらをはずし衣装を緩めて休めば、気分がなおります。
 
「もう少しの辛抱だわ」とか「とにかくこのままじっと我慢していよう」などと思っていると、貧血を起こしたりして、かえって大変なことになってしまいます。
 
 
両親は結婚式場や披露宴会場では新郎新婦、媒酌人につぐ主役といえます。
 
なにかと気にかかり落ち着かないものですが、周囲の人にすべてを任し、ゆったりとした立ち居振舞いが望ましいでしょう。
 
あくまでも結婚するのは両親ではなく、新郎新婦なのですから。
 
 
セレブ 結婚

披露宴の心得 その1

 ◆新郎新婦

新郎新婦は披露宴の主役です。
 
しかし、あくまでも自分たちが招待した側であることは忘れてはなりません。
 
招待客には、来ていただいたことへの感謝と、十分に楽しんでもらうという気持ちを持つことが大切です。
 
 
≪笑顔はなによりのおもてなし≫
披露宴のなによりのおもてなしは、新郎新婦のかがやくような笑顔であると心得るべきです。
 
しかし、緊張や疲労のため、どちらかの顔がこわばっていたり、あるいは疲れていたりすることのないよう気をつけましょう。
 
また、案外多いのは、新婦が当日美容室でほどこしてもらったメイクが気にいらなくて、やや機嫌の悪い顔になっていることです。
 
確かに、式場によっては「まるで壁を塗るみたいに」メイクをするところもあるかも知れません。
 
あらかじめ「あまり厚くしないでくださいね」
 
とか「できるだけ自然な感じにお願いします」と一言いっておくとよいでしょう。
 
そして、それでも気にいらないメイクになってしまったら、それはそれで仕方がありません。
 
あとは表情でカバーすることを考えるべきです。
 
機嫌の悪いブスッとした顔をしていたら、二重の失敗になってしまいます。
 
顔の造りやメイクよりは、表情、とくに幸せそうな明るい笑顔こそ、美しい花嫁のポイントと心得ましょう。
 
 
不倫相談

このアーカイブについて

このページには、2016年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年10月です。

次のアーカイブは2016年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja