2016年12月アーカイブ

披露宴の席・費用・緊急の時

 ◆披露宴では末席に座るのがマナーです。

披露宴の最中はとくに出番はありませんが、主賓が祝辞を述べるときなどは新郎新婦とともに起立します。
 
主賓が「どうぞ、お座りください」といってくれたら座ってかまいません。
 
新郎新婦からの花束贈呈を受けるときも、軽く礼をしながら受けるとよいでしょう。
 
≪親族代表のあいさつをする場合には≫
1臨席のお礼
2祝辞、スピーチ、余興など盛大に祝ってくれた ことに対するお礼
3新郎新婦の親としての所感
4今後の新郎新婦への支援を依頼 以上、四点を手短かにまとめます。
 
 
◆費用の精算
婚礼委員長、会計など、新郎新婦が依頼した人が全部すませる場合はよいのですが、そうでない場合は、どちらかの両親が式場側に対してまず精算をすませます。
 
後であらかじめ決めておいた方法、たとえば、新郎側が六分で新婦側が四分、あるいは明細を見て個々の費用別にどちらの負担かを、考えるなどの方法でお互いの精算をします。
 
その際、周囲の人に車代、チップなど立て替えてもらったお金がないかどうかを確かめます。
 
 
◆突然の事故、不幸があった場合
挙式・披露宴の直前または当日になって、主催者側に突然の事故や不幸が起こった場合の、対処の仕方を考えておかねばなりません。
 
さまざまな場合がありますが、基本的には参列者、式場側に迷惑をかけないよう、できるだけ中止という事態は避け、なんとか実施できるように考えます。
 
 
熟年結婚

 ◆当日の服装

基本的に新郎新婦に準じます。
 
新郎新婦が正装ならば正装、略礼装なら略礼装です。
 
ただし、和装、洋装などの様式にはそれほどこだわることはないでしょう。
 
父親は正装ならモーニングか紋付き羽織、略礼装ならブラックスーツ。
 
母親はたいてい黒留袖が普通でしょう。
 
ただし、教会でのキリスト教結婚式の場合は、母親も洋装のほうが、まわりとの調和がとれるでしょう。
 
 
◆各担当スタッフへねぎらいの言葉をかける
婚礼委員長、司会、受付、会計などのスタッフの人には「本日は本当にお世話様です」と一人ずつねぎらいの言葉をかけます。
 
また、控え室などでは、いらっしゃった参列者に「今日はわざわざお越しいただきましてありがとうございます」など、一言あいさつをして回ります。
 
一人の人と長く話しこむのはほかの招待客に失礼でしょう。
 
 
◆相手側親族とのあいさつ、引き合わせ
控え室などで、親族同士の引き合わせをさりげなく行います。
 
挙式の後に紹介されるでしょうが、時間があれば初対面の親族同士を引き合わせておくに越したことはありません。
 
その際、自分の身内を先に相手に紹介するのが礼儀です。
 
「私の妹で、島田優子と申します。
 
新郎には叔母にあたります。
 
横浜に住んでいるんですよ。
 
こちらは花嫁の陽子さんの弟さんで、村上拓矢さん。
 
○○大学にいっていらっしゃるの」
 
 
不倫相談

このアーカイブについて

このページには、2016年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年11月です。

次のアーカイブは2017年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja