2017年1月アーカイブ

中止にする場合

 参列者や関係者には、あらゆる手を尽くして連絡しますが、間に合わなかった場合は式場の人にも頼んで、当日受付だけを出してもらいます。

 
両家の両親のうち一人、あるいは媒酌人など、関係者が一人はいるようにして、中止の理由を正直に話します。
 
また、新婚旅行も中止するのなら、旅行代理店にも電話を入れておきます。
 
◆媒酌人に事故があった場合
媒酌人は夫婦でその役目を果たしますから、媒酌人だけでなく媒酌人夫人になにかあった場合にも、急きょどなたかに媒酌人をお願いします。
 
できれば当日来ることになっている上司や恩師などにお願いするのがよいでしょう。
 
「山田でございます。本日、早川様にやむを得ない事情ができ、急きょ私がその役をおおせつかりました」
 
とあいさつの初めに、一言告げるとよいでしょう。
 
なお、事情については、「葬式のため」とか「ご不幸がありまして」などと具体的なことはいわないで、「やむを得ない事情」くらいの表現にとどめます。
 
◆家族に事故があった場合
どちらかの父親か母親、もしくは兄弟になにかあった場合、できるだけ実施の方向で進めます。
 
婚礼委員長や媒酌人にすぐ連絡をし、司会者にその旨を、報告してもらうようにします。
 
「まことに申しわけございませんが、新婦の両親が都合により少し遅れて出席いたします」
 
「新郎の父親がやむを得ない事情により、本日は欠席させていただくこととなりました。
 
まことに申し訳ございませんが、ご了承願います」
 
また、親族を代表してあいさつが予定されていた新郎の父親などの場合には、あいさつを新婦側の父親にかわってもらうなどの処置をとります。
 
この場合は、主催者側の人間に急いで連絡をとり事情を話しておきます。
 
しかし、参列者には「病気になったので」「交通事故に会ったので」などの具体的な理由は話さないほうがよいでしょう。
 
ただし、後日、手紙を書いて、出席できなかった失礼をわびるくらいの気遣いは必要です。
 
 
結婚相談所 20代

披露宴、緊急時の対応

 ◆新郎新婦に事故が起こった場合

新郎新婦が亡くなっては、まったく挙式は成り立ちませんが、それ以外のことなら、なんとか出席して形を整えるようにします。
 
 
◆新郎新婦がけがをした場合
なんとか出席できる状態ならば、多少、挙式・披露宴を遅らせて実施する場合もあります。
 
その際、受付のところに貼り紙をするなどして、披露宴開始が遅れることを知らせます。
 
文面をあまりおおげさにして参列者に心配をかけないよう、配慮が必要です。
 
また場合によっては、披露宴の時間を短くするということも考えられます。
 
なお、披露宴開始が遅れる場合は、参列者の待ち時間が長くなりますから、控え室での飲みものを、会場側にいって、予定より増やしてもらうなどの配慮も必要でしょう。
 
披露宴を予定より短くする場合は、媒酌人あいさつ、主賓祝辞、ウエディングケーキの入刀、親族代表あいさつなど、一応の予定を進行できるようなら、とり立てて参列者への説明はいらないでしょう。
 
友人のスピーチや余興は、本人たちに事情を話して、一部または半分くらいとりやめてもらいます。
 
また、お色直しも結構時間がかかるものですから、場合によっては削ってもよいでしょう。
 
極端に披露宴を短くする場合には、参列者も疑問を抱くので、一応事情を説明し、媒酌人あいさつ、主賓祝辞、ウエディングケーキ入刀など最も重要なところだけを押さえるようにします。 媒酌人あいさつや主賓祝辞も、事情を説明してできるだけ短くしてもらうとよいでしょう。 新郎新婦のあいさつを予定していたにもかかわらず、気分が悪いとか苦しいという場合には、親族代表に切り変えるなどの処置も考えます。 しかし、結婚はおめでたいことですから、できるだけ事故のことなどには触れずにすむように、 さりげなくプログラムをこなすのがいちばんです。

浮気相談

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja