2013年12月アーカイブ

不倫に走る男性は純粋?

| コメント(0)
家庭と仕事だけの人生で、遊ぶことの意味さえ忘れかけていた男性に、突然、咲いた恋の花。

ああ、人を好きになるのは、こんなにも素晴らしいものなのか、と改めて知る喜び。

男性は、その喜びを与えてくれた女性に感謝すればこそ、できるだけ楽しい思いをさせてあげようと努めるんじゃないだろうか。

そう、不倫の恋をする男性には、目に見えない資格が必要だ。

それは、お金でも、外見でもない。

その資格とは、彼女性を傷つけない思いやりを持った人という一言に尽きるのではないだろうか。

男性だって、人間として生まれた以上、季節の花を美しいと愛でる。

それと同じように、TVで微笑む人気女性優にウットリすることだってあるだろうし、社内や仕事で知り合う女性に心ときめくこともあるはずだ。

そう、女性が恋をしたいと願うように、独身、妻子持ち関係なしで、男性だって文句なしに恋をしたいのだ。

世の中には、「家庭持ちの僕としては、安全策をとって恋愛感情にはブレーキをかけてしまうんだ」と、一夜限りの浮気を繰り返している男性もいるが、そう考えると、プレーキをかけることができずに、まっしぐらに不倫の恋に走ってしまう男性のほうが純粋だと思う。



不倫相談
不倫をする男性の大半は、奥さんと離婚しない理由に子どもの存在をあげる。

父性愛の強さを考えると、これはけっして嘘ではないと思う。

子どもが小学校に上ってから、と言っておきながら、中学になっても離婚しない男性の例をこれまでさんざん見てきた。

妻子と離婚し、晴れてゴールイソした不倫の例はわずかだ。

子どもは女性にとってかけがえのないものと言われている。

でも、私は男性のほうがもっと子どもへの愛情が強いのではないかと思う。

女性の愛情は、基本的には自分の胎内に宿っていたという生理的な部分から生じている。

ところが、男性は生理的なつながりが女性より希薄なだけに、かえって子どもという存在に固執するのではないだろうか。

仕事の場では、どんな男性でも凛々しい。

そこで凛々しくない男性は、不倫の恋からも家庭からも見放されているはずだ。

残酷なことを言うようだが、不倫の恋で、奥さんと別れると言いながら、いつまで経っても別れない男性は結局別れない。

男性が妻子と別れて結婚してくれることは99パーセソトあり得ない。

そんな辛い時こそ、日記をつけるのがいい。

日記は、心の風景の写生である。

今の気持ちを、ただひたすら書き連ねていくうちに、客観的に自分が見られるようになるはずだ。