媒酌人の挙式・披露宴の正装

媒酌人はモーニングコート。

■ワイシャツは白(ウイングカラーでもよい)、ベストは上着と共地かグレーに。

ネクタイはシルバーグレーか白と黒の斜め縞。

ズボンは縦縞のコールズボンで折り返しはつけない。

ベルトでなくズボン吊りにする。

胸もとのハンカチは白の四角折りか三つ山に。

手袋は白か薄い色の革か絹。

靴はひも付きのドレッシーな黒。

■和服なら、五つ紋の羽織袴。

長着は黒羽二重、袴は仙台平(縞が普通だが、新郎が袴を着用するときは、無地にしたほうがよい)。

帯は角帯、羽織のひもは白。

下着は白か、薄い茶やグレーの羽二重とする。

足袋は白、はきものは畳表付きの草履で黒の鼻緒。

白扇を持つ。

腕時計ははずすこと。

■媒酌人夫人は媒酌人が洋服でも和服でも、染め抜き五つ紋の黒留袖が最も一般的。

色留袖でもよいが、やはり染め抜き五つ紋に。

半衿は白羽二重の無地。

帯は丸帯か袋帯で、帯締めは白の丸組みか金銀の平打ち。

帯揚げは白。

足袋は四枚コハゼの白羽二重かキャラコ。

バッグは布製。

■洋服にするならアフタヌーンドレスに白の革手袋。

ドレスの生地は花嫁の使う白を避ける。

光らない布地がよい。

靴はエナメルか表革のハイヒール。

もしも、披露宴が夜になる場合は、媒酌人はタキシード、媒酌人夫人はイブニングドレスやロングドレスとなる。

ただし、正装の場合、黒やグレーは弔事の色なので、絶対に避けること。

 

 

浮気相談

■披露宴での媒酌人のあいさつ
媒酌人にとって、最も気にかかるのは、披露宴のあいさつであろう。

下準備はなるべく早く始めておきたい。

きちんとしたあいさつをするためには、披露宴の規模やスタイルをしっかり把握しておくことがまず大切。

打ち合わせのときに、披露宴のイメージをしっかりつかんでおくようにしたい。

新郎新婦の紹介は欠かせないので、二人の名前や、学校、会社名などの固有名詞は、本人たちによく確認しておくこと。

また、幼いころのエピソードや両親の話も聞き、あいまいな点は確かめ、メモをしておきたい。

三、四日前ぐらいから夫人を相手にスピーチの練習をしておくといい。

聞きとりにくい点はないか、話はわかりやすいか、などがチェックポイント。

また、多くの会場では、マイクが使われるので、マイクの使い方にも気をつける必要がある。


■挙式当日のチェック
服装、持参する物は、一週間から十日前ぐらいから始めておきたい。

服装の基準は、新郎新婦の装いに準ずること、披露宴のスタイル(格式ばったものか、若い人中心のものかなど)に合わせて選ぶこと、など。

新郎新婦や両親との打ち合わせが必要になる。

 

 

再婚

両親のあいさつを受けるとき

恋愛で結ばれた当事者から、媒酌人を依頼されたときは、それぞれの両親にも会っておきたい。

自宅に迎えるときは、茶菓の用意程度でもよいが、食事時間に招いてもてなすのも親しみが増してよい。

慶事なので、茶菓でもてなすときは、緑茶は縁起がよくないとする風習を考慮して、桜湯など用意できるとよい。

互いに多忙だったら、レストランで昼食をとりながらといったように、臨機応変にあいさつの場を設定したい。

しかし、お祝いを当日に持参するのはかなり略式なので、なるべく挙式前に贈りたい。

現金でもよいが、品物にするときは、二人の希望を聞いて贈るようにする。

ただし、仲人も媒酌人も、挙式後には謝礼を受け取ることになる立場なので、現金にする場合も、あまり額を多くしないようにする。

しかし、親しさが深い間柄であるほど多めにし、名誉媒酌人なら形程度でもいいし、場合によっては贈らなくてもよい。

どちらにする場合も、上書きは「寿」または「御祝」とする。

贈るときは、送付したり、ついでに手渡したりすることは避け、両家を訪問して渡すのが正しいマナーとされている。

上質の和紙に包んで、のし、水引(金銀または紅白の結び切り)を用いればさらに正式。

正式には吉日の午前中に訪問するが、さして格式を重んじる家でなくても、夜は避けたい。

 

不倫相談

特に格式ばった場所でなければ、外出着程度にとどめるようアドバイスする。

派手すぎたり着飾りすぎると、緊張のしすぎにもつながることが多い。

■女性ならスーツ、ワンピース、アンサンブルなど。

■男性は普通のビジネススーツ。

なお、日ごろ和服を着慣れている女性でも、振り袖は避け、付け下げや小紋を選ぶようすすめたい。

一人暮らしの男性には、靴を磨くのを忘れない、ワイシャツは新しいものを着る、といったアドバイスも必要。

■仲人、付添人も普通の外出着程度で充分。

落ち着いた控えめな装いを心がける。

■付添人の年齢が本人に近い場合は、やや地味めな装いをするようアドバイスを。

当日の仲人、付添人はあくまでも引き立て役であることを忘れないように。


■費用負担の仕方は事前に相談を

当日の費用は、男性側、女性側双方で折半して負担するのが一般的。

当事者から申し出があるのが普通だが、なかったら、必要経費は両家で折半する形にしたい旨を伝えておくとよい。

目安額もわかればベター。

また、当日の支払いは仲人が立て替えてすませることもある。

 

 

結婚
 

見合いの仲人をするとき、あらかじめ双方に伝えておくようにする。

■会場

仲人宅を会場とする場合は、食事を出すときに限って、実費を伝えるのが普通。

当事者の一方の家で行う場合は、出向く側が手みやげを用意する。

仲人は持参しなくてもよい。

■席次

会場と人数に応じた形で決めることになるが、和室の場合は、しきたりどおり、男性を上座にしたほうがよい。

喫茶店やレストランでの見合いだったら、女性が美しく見えるような配置の席次を考えたい。

そのためにも、仲人は十五~二十分ぐらいは早めに会場に着き、席次を決め、店の人と打ち合わせをすませておくようにする。

なるべく自然に光の当たるところに女性が位置するようにすると、女性が美しく見える。

窓を背にする席、柱のそばなどは望ましくない。

また、当人同士は、真正面より、斜め向かいに着席するようにしたほうがリラックスできるといわれる。

■返事

一週間以内には双方からそれぞれ連絡してくるのが普通。

返事がないからといって二、三日で催促するのは控えたい。

迷っているケースもあるので、一週間ぐらいたった時点で電話を一応入れるぐらいの感じで連絡をとってみる。

 

 

浮気相談

新婚旅行の荷物で必要なもの

荷物は小さく、そして行動範囲は大きくというのが新婚旅行を楽しく過ごすコツです。

荷物はかさばらず、重くないものを、という要領で選ぶこと。

ただし、つぎの品物だけは必要です。

【新郎側】
セーター、シャツ、替えズボン、傘、ネクタイニ~三本、下着、ソックス、ヘアブラシ、カミソリ、オーデコロン、サングラス、カメラ、地図、筆記用具、印鑑、アドレスブック、レターセット、切手、ノート、健康保険証、祝儀袋

【新婦側】
靴(なるべくローヒールと旅行用スリッパ)、下着、ハンカチ、衣類、ネグリジェ、タオル、ポリ袋、安全ピン、セロテープ、化粧品セット、胃腸薬、健康保険証、風呂敷二~三枚、ストッキング、ジャージなどかさばらないもの、ティッシュペーパー、裁縫セット、風邪薬、傷薬、

服装は出発のときのままでとおすのは、変化がなさすぎます。

男性はカラーシャツ、スポーツシャツなどの着替えを、女性はシャツブラウスにスカート、スラックスなどを一組ずつ、スーツケースに入れて行けば、四~五日の旅行なら十分です。

女性はアクセサリーで変化をつけるくふうもたいせつでしょう。

熟年結婚

ハネムーンは空の旅で、新婚旅行は一年前からも飛行機を予約できます。

グアム、ハワイからアメリカ、ヨーロッパまでも行く大型のハネムーンも最近はふえてきました。

旅行会社の空のセット旅行もありますが、費用が、交通、宿泊料金で、他に食費、お小づかい、おみやげ代が相当かかることを考慮に入れねばなりません。

新幹線が延びて九州への旅もらくになりましたし、北海道もセット旅行のプランがいくつかできています。

鉄道を中心とした新婚旅行には「ことぶき周遊券」があって、きめられた周遊地を二カ所以上旅行する場合は、運賃がすべて割引となり、これに特急券、座席指定券、旅館のクーポン券が組み込まれているのでたいへん便利です。

しかし、これらセット旅行は便利、安全である反面、出発駅でも、旅行先でも、帰途も新婚同士がかちあって、とても二人きりの旅を楽しむという気分になりにくいのが欠点です。

ローカル線の鈍行に揺られて、気に入った土地に泊まり、素朴な山間の町、ひなびた海岸の小さな町を時間に追いかけられずにのんびりと気ままな旅をするのも、忘れがたい新婚旅行の思い出をつくるのではないでしょうか。

浮気相談

 

◆旅館に泊るかホテルに泊るか
式や披露宴よりも、ハネムーンに大きな期待を - そんな新郎新婦が多くなっています。

しかし、新婚旅行は、レジャー旅行とはちがうことを十分に認識する必要があります。

観光よりも、二人だけの思い出をつくる旅なのですから、ハード・スケジュールは避け、場所の移動に時間をかけずにくつろぎの時間を十分にとり、旅行先の周辺をゆっくりと観光するようにプランを立てるのが理想的です。

旅館、乗り物など予約の可能なものは必ず予約しておくこと。

現地へ直接申込むよりも、交通公社など信用のある旅行業者に申込んでおくほうが安全です。

宿泊先を旅館にするか、ホテルかは、それぞれの好みによります。

完全なプライバシーを保てる点ではホテル、なれた生活環境でのんびりとくつろげるという点では旅館がすぐれています。

ホテルなら、なるべく大きな部屋をとらないと出張旅行のようになりがちですが、食事の点では豪華なディナーや、外へ出て土地の珍味を味わうことができます。

しかし、ゆったりとした湯槽につかってから、畳の座敷にすわって差し向かいで一献・・・という気分は和風の旅館でなくては味わえません。

宿泊料金も比較検討して、どちらか気に入ったほうをきめるか、ホテルと旅館と交互に泊るのもよい方法でしょう。

シニア結婚

座敷の披露宴のときの作法

日本料理の披露宴や、旅館、料亭での披露宴は、畳を敷いた日本座敷の広間で行なわれるので、洋風披露宴とちがう作法も心得ておかねばなりません。

ふつうは床の間を背にして、左側に新郎、右側に新婦が坐り、その両脇に仲人夫妻が座りますが、床の間が向かって右側にかたよっている座敷では新郎が右、新婦が左と逆になります。

そして、来賓を上座に、知人、友人、親戚の順に新郎側、新婦側に分かれてすわり、家族と両親が末座にすわります。

お客様の入場を花婿花嫁が仲人夫妻、両家両親共に入口に並んで迎える洋風披露宴式のやり方と、すでに着座してお迎えする方法とがあります。

花婿花嫁とも、定めの席の座布団の上に正座しますが、媒酌人のあいさつ、来賓の祝辞、新郎の父親のあいさつのときは、花婿花嫁とも座布団をはずすのが礼儀です。

和風披露宴では、これらのあいさつ、祝辞ののちにはじめてお酒がつがれて宴会がはじまります。

花嫁はお酌などする必要はなく、つつしみ深い態度ですわっていればよいのです。

古風による披露宴では、花嫁は色直しまで角かくしをつけていて、色直しではじめて外して振袖に着かえ、裾をおからげにするのがしきたりでした。

今日では披露宴の最初から角かくしを外すようになっています。



不倫相談

新婚旅行の日程の都合によっては、披露宴の途中で新郎新婦が出発しなければならない場合もあります。

ご招待しているお客様を残して出かけてしまうのは、いささかエチケットに反したやり方ですが、休暇など十分に余裕のないときはやむを得ませんから、それだけに出発の際はできるだけ礼儀をつくして出発するように心がけましょう。

司会者から「まだ披露宴の途中で申しわけございませんが、新郎新婦は18時30分羽田発の飛行機で北海道へ新婚旅行に出発しますので、はなはだ勝手でございますが、これから用意のために中座させていただきます。

どうぞあしからずご了承くださいますようお願いいたします。」と了解を求め、旅装をととのえたのち、ふたたび入場した新郎が二人を代表して、次のようにあいさつします。

「せっかく皆様にご光来いただきながら、中座いたしますのは心苦しく存じますが、出発の時間が迫りましたので、ここで失礼させていただきます。

本日はまことにありがとうございました。

ご好意に甘えてこれより旅行に出発させていただきます。」

司会者の拍手で、一同も拍手のうちに二人の出発を見送ってくれるでしょう。

結婚相談所

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja